前へ
次へ

家族葬が増加している要因

定義に関してはいろいろあるわけですが、一般的に考えて家族並びに親族、知り合いなどに限って、 伝達して取り組む葬儀のことを、家族葬と言っています。
訃報を知らせる先に制限を加えるために、コンパクトサイズになる可能性が高いといえます。
そして、 家族葬が選択されている根拠があります。
家族葬を採り入れる人が広がりを見せている理由として、 いまどきのライフスタイルに適していることがあげられます。
近頃では、故人が高年齢で、もうすでに付き合いが長い知り合いがそれほどいないことが増加傾向にあります。
その影響を受けて参列人の数はダウン傾向にあり、葬儀はコンパクトサイズになってきているようです。
これについては、自分自身が死亡した時にはスケールの大きい葬儀を行なうのではなく、 親しくしている家族や身内のみで安静に送って欲しいと感じている人が増大している傾向にあり、そのことが大きく影響していると考えられます。

Page Top