前へ
次へ

最近注目されているリビング家族葬

家族葬のニーズが増大する中で、新たな形での形式としてここに来て関心が集まっているものにリビング家族葬が見受けられます。
参列する者は家族葬と同じように、家族などの近親者ですが、個性的なのは会場で、リビングに見立てた場で執り行われるシステムです。
あたかも家にいるようなイメージでリラックスした意識でお別れすることが可能です。
リビングルームのみの施設もあれば、ダイニング、あるいはキッチンなども用いているマンションのような式場も見受けられます。
スタイルも自由ですが、現在の状況としては通夜及び葬儀、告別式といった一般葬に近いスタイルで実行されるのが王道的です。
かしこまりぎみの通夜や葬儀についても、リビングと同じ様なスペースであれば、家にいるようにゆったりとしたイメージで弔問客を迎え入れることができます。
そのためお別れのタイミングも、不安のない気持ちで過ごすことができるのが、リビング家族葬が容認されている要因かも知れません。

Page Top