前へ
次へ

一般葬と家族葬との相違

一般葬と言いますのは、故人と遺族とも縁が存在している、広範囲に及ぶ人たちを呼ぶ葬儀になります。
親族初めとして近所の人、あるいは仕事関連の方、個人的な事情で親交があった人をはじめ、遺族の知り合いや勤め先の方など、面識がない人も参列されることもあります。
近親者のみでお別れに取り組む家族葬と照らし合わせると、一般葬については会社関係者並びに近所の方などが参列される分だけ、決まり事が重んじられるため、料理や会葬返礼品などによって参列者をおもてなしする必要があります。
そして、故人に代わり感謝を伝える機会になると言えます。
参列者が多いなら、その分だけ、遺族については挨拶などに応じる時間は増加しますし、その日になって参列する者の頭数が予想と違った場合は、料理や会葬返礼品の増減が入用になることもあり得ます。
ですから、一般葬は、家族葬とは大きく異なることになります。
したがって、いずれを選択するかは個々の環境を鑑みて検討することが重要になります。

Page Top