前へ
次へ

家族葬で良いと感じたこと

葬儀の規模は小さい方が良いという父の遺言から、家族一致で家族葬が良いのではないかということになりまし

more

一般葬と家族葬との相違

一般葬と言いますのは、故人と遺族とも縁が存在している、広範囲に及ぶ人たちを呼ぶ葬儀になります。

more

最近注目されているリビング家族葬

家族葬のニーズが増大する中で、新たな形での形式としてここに来て関心が集まっているものにリビング家族葬

more

家族葬はどの程度の範囲まで呼んだらいいのか

家族をはじめとした、近親者のみで行われる小規模の葬式が家族葬です。
とはいえ、家族だけで行う場合や、家族がいない人でも近所の人が行う場合など、正確な定義は明確ではありません。
基本的に家族や親族のみで行うことが多いですが、親しかった友人なども参列する場合が少なくありません。
そのため、きてもらう範囲に関しては遺族の考え方や、亡くなった方が前もって伝えておく通りとなるでしょう。
亡くなった方の遺言によって、親しかった友人や親族の誰かを呼ぶことは少なくありません。
ただし、故人の遺言がない場合には遺族の判断によるところが大きくなります。
基本的には遺族と親しかった親族・友人だけを招くことが多いです。
どの範囲まで呼んだらいいのか、判断に迷う時には葬儀社などに相談してみるとアドバイスをもらえるでしょう。
遺族がどの程度個人の交友関係を把握しているのかによって変わりますが、遺族が知っている範囲で呼ぶことで問題はないといわれています。

低価格でご遺族の要望を取り入れた家族葬を行うなら追加料金0円の株式会社セレモニー真希社にお願いしましょう。

http://www.vip-group.co.jp/ch/
24時間365日VIPシティホールでは、葬儀のご依頼を承っておりますので、ご安心ください。

お部屋まるごと対応
わんぱくお掃除はお部屋丸ごときれいにするプロです

大阪でペット火葬・葬儀は京阪ペットセレモニー

家族葬に最適な斎場案内
株式会社セレモニー真希社がご紹介いたします

主に親しかった友人をどの程度呼んだらいいのか、迷う人も少なくありません。
家族葬はなるべく少ない人数で故人の冥福を祈るための葬儀だといわれています。
そのため、家族に負担にならないような人数がいいでしょう。
親しかった方の人数であっても数人であれば問題ありませんが、故人の交友関係が広かったため、数十人呼ばなければならないと遺族が頭を抱えることは、避けたほうがいいでしょう。
交友範囲が広い人であっても、その中でごく親しい数人だけを呼ぶことで、遺族の負担が少ない葬儀が可能となります。
家族葬の場合には、家族やごく親しい数人程度で行うことが多いため、近所の人や故人の勤務先の人などを呼ばなくても差し障りありません。
故人が呼んでほしいと思える人をどの程度把握しているのかによって、呼んだほうがいいでしょう。
ただし、案内をしなかった理由について故人の遺志だときちんと説明できる場合には、呼ばなくても問題ありません。

Page Top